集団同一視の心理

高度成長期の日本には、「モーレツ社員」と呼ばれる人たちがいました。

 

モーレツ社員とは、家庭を顧みず、会社のために献身的に働いてきた
サラリーマンの人たちのことをいいます。

 

このモーレツ社員達は、日本を支える企業戦士としてもてはやされてきましたが、
バブル崩壊後は社会情勢が大きく変り、そのような働き方は視られなくなってきました。

 

高度成長期のサラリーマン達は、なぜそれほどまでに会社に忠誠心を持っていたのでしょうか。

 

その心理の背景には、「集団同一視」という心理が働いています。

 

集団同一視は、ある集団に所属し、そのことが好意的に感じられると、
その集団に依存感情や親愛の情を持つ様になり、
さらにその集団に尽くすことに喜びを見出すようになるというものです。

 

そして、集団の価値やルールを積極的に取り入れ、
「集団」=「自分」と考える様になります。

 

結果、集団と自分自身を同一視してしまったり、
その集団を実態以上に高く評価することもあります。

 

このように、モーレツ社員達は、会社という集団を自分と同一化し、
身を粉にしながら会社に尽くし、働いていたのですね。

 

さて、人は何らかの集団に属するものです。

 

そして、その集団をアイデンティティのよりどころとするため、
様々な場所で集同一視がみられます。

 

たとえば、宗教団体はその最たる例ですし、
野球やサッカーチームの中でも贔屓(ひいき)のチームと自分を同一視してしまうと、
チームが負けた場合などには、あたかも自分が負けたかのような屈辱感を覚えます。

 

逆にチームが勝てば、喜びと誇らしさで胸がいっぱいになります。

 

このような集団同一視傾向にある熱狂的なファン同士の間で、
試合の勝ち負けを巡って、殺傷沙汰の喧嘩が起きる事もあります。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!