誰かがやるからいいと考える人の心理

集団行動になると、無意識のうちに手抜きをする人がいます。

 

たとえば、大人数が集まる会議等で、
決して意見がないわけではないのに、
黙ってうつむいているけれど、
少人数の会議では、積極的に意見を言う・・・というような人です。

 

このような人たちは、なぜ大人数になると無口になってしまうのでしょうか。

 

その心理には「注目されたくない。」という部分もあるのでしょうが、
きっと、「他の人が発言するからいいや。」という心理が働いているのではないでしょうか。

 

集団行動や共同作業をするとき、
無意識のうちに手抜きをしてしまうと言う人は、多いです。

 

集団が大きくなればなるほど、「他の誰かがやるからいい。」
と思ってしまうのは、人間だれにしもあることです。

 

このようなことを「社会的手抜き」と言ったり、
「リンゲルマン効果」と言ったりします。

 

もう少し分かりやすくいうと、
たとえば、重い荷物を二人で運ぶとき、
一人が手を抜けば、もう一人がとても大変になってしまうのが分かるので、
二人ともしっかり力を入れて荷物を運びます。

 

ですが、同じ重さの荷物を10人で運ぶとき、
その中の半数くらいの人が「手を添えているだけ」状態になっているのです。

 

年末の大掃除などでも、無意識のうちに「自分が頑張らなくても誰かが頑張るからいいや。」
と思って働いていない人もいますね。

 

「みんなで力を合わせてやろう。」と、声をかけたりして、
みんなも「おぉ〜!!」というように、その声かけに乗るのですが、
実際には、人数が多くなればなるほど、
手を抜く人が多く、効率は下がってしまうという現状があります。

 

このような事態を防ぐには、
グループを少人数にして、各自が責任を持つことができるよう、
「責任の所在を明確にする」ことが重要です。

 

2人グループであれば、手抜きをすることはできません。

 

2人グループであれば、その責任の所在は明確です。

 

自分がやらなければ、もう一人の人にやっていないことがばれてしまうからです。

 

ですから、効率よく仕事を進めようと思うのであれば、
グループは「2名」にするのが一番なのです。

 

「誰かがやるから良い」という心理は、
無意識に働くということを憶えておきたいですね。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!