自分を必要以上に卑下する人の心理

自分を必要以上に卑下する人がいます。

 

たとえば、「私馬鹿だから。」とか「私デブだから。」・・・など。

 

このような言葉を発する人は、殆どが本気でそう思って言っているわけではありません。

 

敢えて自分を卑下することによって、相手を持ち上げ、
好意を得ようとするポーズであることが多いのです。

 

女性に「私馬鹿だから。」と甘い声で言われると、
「オレが着いていてやらなくちゃ。」なんて思ってしまう男性も
多いのではないでしょうか。

 

また、あらかじめ、「私は馬鹿です。」と宣言してしまうことによって、
「馬鹿な奴だ。」と思われたときに傷つかないよう、
予防線を張ってそのように言うということもあります。

 

また、「そんなことないよ。」と相手に言って欲しいと願っている場合もあります。

 

自分に自信がなく、他人にもあまり誉められるという子とがない人ほど、
つまり、自己評価が低い人ほど、
自尊心を慰めるために、敢えて自分をおとしめ、
相手にそれを否定してもらおうと思うわけです。

 

周りの人は、このような自分を卑下する態度にうんざりしてしまっているかもしれません。

 

ですが、自分を必要以上に卑下している人たちは、
自分が他人からどのように見られているかについて、
とても敏感なのです。

 

しかし、実際は、他人はその人が思っているほど、
その人を考えているわけでもなく、
注目しているわけではありません。

 

また、自己評価が低いことで、
生活の質が低下してしまっている人もいます。

 

他者との比較に左右されず、
自分だけの達成感や満足感、楽しみを追求することで
自己評価を高めましょう。

 

自己評価が低すぎると、うつ病を発症してしまう可能性もあります。

 

「自己評価が低い」とは、単なる性格の特徴です。

 

ですが、自己評価が低く、自分を否定する気持ちが強いと、
その状況を改善することができず、抑うつ状態に陥り、
うつ病を引き起こしてしまうことがあるのです。

 

また、自己評価が低い人ほど
うつ病の程度も重くなりますし、回復に時間がかかります。

 

逆に自己評価が高くて澪、それを維持するために絶えず努力していると言う人もいるでしょう。

 

ですが、絶えず努力して頑張っているにも関わらず
失敗してしまったと言うようなことが、大きな失意になり、
うつ病を発症することもあります。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!