カウンセラーの仕事の醍醐味とは

クライアントは、弱音や愚痴を混ぜて延々と話をします。
聞き手であるカウンセラーは、クライアントの話を聞くことが辛くなってしまうかもしれません。

 

ですが、カウンセラーはそれら全てを受け止めなければなりません。
カウンセラー自身の過去に、似たような苦い経験があったとしても、
クライアントの全てを受け入れることが必要です。

 

つまり、カウンセラーとして活躍するのであれば、
自分の感情をコントロールすることがとても重要ですし、
自分の感情をコントロールできるかどうかがポイントになるでしょう。

 

体力と気力、両方に自信や余裕がなければできる仕事ではありません。

 

クライアントが抱える問題の解決には、
クライアント自信が、自らがどうしたいのかに気付くこと、
自分の判断で行動をすることを大切にします。

 

ですが、その過程において、カウンセラーは、常に謙虚であることが望ましいのですが、
ベテランのカウンセラーであっても
自分の傲慢な気持ちに気付かされることもあります。

 

また、クライアントの気付きに待つことができず、
力量不足を痛感するカウンセラーもたくさんいます。

 

なかなか良い方向に伸展しないことで、無力感に苛まれ、
カウンセラーを辞めたくなる人もいます。
ですが、カウンセラーは、どのような事も乗り越えなければなりません。

 

クライアントの悩みの扉を開けた以上、
カウンセラーは、カウンセラーの責任として、
最後まで責任を持つことが重要です。

 

カウンセラーは、精神的な厳しさが伴います。

 

そして、カウンセリングで聞いた話やその場の感情はそこに止め、
後に引き摺らないようにする事も必要です。
他のクライアントからの重い感情や解決しない問題を抱えたまま、
別のクライアントに向き合うことはとても危険ですし、
自信にとっても、いつもクライアントの重い感情を心にとどめていたのではよくありません。

 

困難なケースに直面した場合は、
先輩のカウンセラーにスーパーバイズを受け、解消するようにしましょう。

 

そして、カウンセラーは、原点に立ち返り、逃げ越しの姿勢ではなく、
真正面からクライアントに向き合うことが大切です。
クライアントと共に歩んでいこうという気持ちで
カウンセリングを行うことが重要です。

 

亀裂が入った治療関係でも、あきらめなければ修復は可能になります。
クライアントが成長していく過程や、変っていく治療関係に付き合っていくことで、
カウンセラー自身もクライアントから学び、
クライアントと共に成長していくことが出きるはずです。

 

それこそが、カウンセリング業務の醍醐味といえると思います。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!