お世辞ばかりを言う人の心理

人から誉められて悪い気になる人はいません。

 

誉めてくれた相手を好ましく思うと思います。

 

ですが、その誉め言葉が、ただのヨイショだとすると、
その人はどんな心理で言っているのでしょうか。

迎合行動

心理学用語に「迎合行動」というものがあります。

 

迎合行動とは、たとえばお世辞を言う、相手の意見に同意するなど、
相手の好意を得るための行動を指します。

 

「私って馬鹿だから。」と自分を卑下する言葉を発するときの心理には、
自分を低く見せることによって、相手を持ち上げようとする心理が働いているのです。

 

もっと身近な迎合行動の例には、
「笑顔で接する。」という行動があります。

 

人と接するとき、笑顔で接しなければ、
怒っているのかな?私のことが嫌いなのかな?などと
思われてしまいそうですから、笑顔を作りますね。

 

その行動が迎合行動です。

 

しかし、過剰な迎合行動は、逆に人を不愉快にさせてしまいます。

 

見え透いたお世辞や押し付けがましい親切は、
うっとおしく感じます。

 

ですが、「うっとおしい」と感じるだけでは、
人付き合いはうまくいきません。

 

もし、過剰だと思われる迎合行動を誰かがしていたら、
「この人は私の好意が得たいのだな。」と考えてみると良いでしょう。

迎合行動のパターンと組合せ

迎合行動には、いくつかのパターンがあります。

 

そして、複数のパターンの組合せがしばしば見られます。

 

賛辞: 賛辞とは、お世辞を言って、相手をいい気分にさせることです。
    最もポピュラーな迎合行動ですが、明らかにウソと分かるようなお世辞は逆効果になります。

 

卑下: 卑下とは、賛辞の逆で、自分を卑下することです。
    相手を持ち上げるやり方で、自己評価が低い場合にも、自分を卑下する行為が見られます。

 

親切: 親切は、相手の行動に注意し、何かと気を配ることです。

 

同意: 同意とは、相手の意見に同調することです。
    同調行動は、仲間意識を生み出します。
    しかし、同調ばかりを何度も繰り返すと、自分の意見がない人と思われてしまいます。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!