スポーツ心理学

スポーツ心理学は、スポーツの構造と機能によって、
スポーツをする人の技術を効果的に向上させ、
能力を最大限に引き出す方法を研究する学問です。

 

指導者やリーダー選手との人間関係は、心理的作用が大きく、
人間関係の良し悪しによって成績(効果)は大きく影響します。

 

そして、スポーツ心理学には、大きく分けて6つの領域があります。

 

(1) 動機づけをどのように高めるか。
(2) 緊張状態をどのように高めるか。
(3) 技術をどのように教えるか。
(4) 競技者の発達段階を知る。
(5) 心と体の生理学。
(6) 改良改善への努力。

 

スポーツ心理学を学ぶ場合は、体育学を専攻して、そこでスポーツ心理学を学ぶ場合と、
心理学の中の分野としてスポーツする人を研究する場合があります。
医学領域も含めると、より学問的な広がりが期待できます。

 

スポーツ心理学の講義では、「あがり症・スランプ・精神力・集中力について」、
「パイオフィードバック」、「リラクゼーション法」、
「スポーツの特性・心的効果」、「運動療法」、「大衆スポーツ」などをテーマとして扱います。
また、近年は、「メンタルトレーニング」に重点をおく教官も多くなっています。

環境心理学

環境心理学は、心の働きを仲立ちとした環境と人間との関係、
相互作用を体系的に探求する学問です。

 

環境心理学の代表的なテーマとしては、
「環境認知」、「環境美学」、「空間行動」、「対人環境」があります。

 

環境や施設は、人間がその中に存在することによって利用価値が出てきます。
そして、人間の生理や心理に適合した時にその効果を発揮します。
たとえば、対人環境を考えた場合、隣人の出す音は人間のそのときの心理状態によって違った印象受けるなどです。

 

環境心理学は、人間と環境の好ましい関係の実現を目指した学問です。
意識と行動面から追及し、近年は、地球の環境保全をテーマにする事も多くあります。
関係する学問としては、建築学や人間工学、人類学、地理学などがあります。

 

環境心理学の講義では、「環境心理学のきげん」、「認知地図と都市のイメージ」、
「環境の評定」、「環境のデザイン」、「パーソナルスペース」、
「テリトリアリティー」、「環境問題」、「環境犯罪心理学」、
「都市環境・住環境・学校環境・緑地自然環境」などをテーマとして扱います。

 

環境心理学を活かすことができる場は、
地方自治体や企業などの環境・公害・都市計画担当者、
医療機関のカウンセラー、福祉施設の心理職などがあります。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!