短期大学で学ぶ

数は少ないですが、心理学を学ぶことができる短期大学があります。
2年間という短い時間で心理学の基礎を学ぶことができるのは
時間的にも経済的にもとても魅力的です。
保育や幼児教育などの学科のある短期大学であれば、
子どもにい関連した心理学も学ぶことができます。
ただ、「心理学」という名称以外での科目になっていることが多いので、
自分が学習したい内容であるかどうかの確認はチェックしておく必要があります。

 

短期大学では4年制大学とは異なり、
基礎知識の習得を中心とした講義内容になります。
もっと深く学びたい場合は、4年制大学へ編入するという方法をとっても良いですね。

学部で心理学を学ぶ

心理学とは、「心と行動の科学」です。
つまり科学的根拠に基づく学問で、人文科学領域、社会科学領域、自然科学領域などと
オーバーラップしているところがあります。
ですから、心理学は文系と理系の中間くらいに位置している学問であるといえます。

 

実際に心理学を大学で学ぶ場合の学科は、
心理学科のほか、教育学科、人間福祉学科、社会福祉学科などがあります。
近年は、心理学に興味を持つ人も増えていることから、
心理を含んだ新しい学部や学科が増える傾向にあります。

 

心理学科以外では、心理学を体系的に学ぶことはできませんが、
発達心理学などの一般教養科目で心理学を学ぶことが可能です。
そして、臨床心理士の指定大学院まで設置されている大学もあり、
それぞれに特色があります。

 

心理学科として設置されている場合は1年次から心理学を専攻する、
文学部、教育学部などに入学した場合は、心理学系の専攻が2年次からになる場合があります。
専攻が決まる時期に注意しましょう。

 

そして、心理学の勉強には語学、特に英語は不可欠となります。
また、大学や大学院では、自らが学ばなければ誰も教えてくれませんから、
担当教官と蜜に話し合うこと、指導を受けることなど積極的に行い、研究を進めましょう。

大学の通信教育で学ぶ

社会人になってから心理学を学びたいなど、昼間通学ができない人は、
大学の通信教育で学ぶ方法もあります。
大学の通信教育部は、独学で心理学のレポートを仕上げていきます。
自分の都合に合わせて学習することができる魅力が通信教育にはありますが、
「勉強する」強い意思が必要です。
夏休みなどには、スクーリングがあります。
独学では学びきれない知識などを得るためにも、スクーリングの際に質問するなど工夫しながら講義を受けます。

大学院で専門的に学ぶ

カウンセラーを目指すのであれば、4年制の大学を卒業し、
大学院へ進学するという方法もおススメです。
大学院は、修士課程(博士前期課程)2年間と、博士課程(博士後期課程)3年間に分かれます。

 

大学院では大学のように色々な領域を広く学ぶのではなく、
心理学の研究が現時点でどのようにすすんでいるかなど、
テーマを絞り込み、演習形式で学生自らが取り組みます。
ですから、どのようなテーマを選ぶかがポイントで、
テーマは学生の関心の方向性を考慮しながら、担当教官の専門や
関心領域の範囲で決定されます。
教官によって専門の領域や研究方法、授業の形式などは様々です。
自分が学びたいことは何か?ということをよく考え、
目的をしっかりと持ち、どの研究室の、どの教官の下であれば
それが達成されるのかなどを判断することが必要です。

心理学の分野

心理学の分野は、大きく分けると「基礎心理学」と「応用心理学」があります。

 

基礎心理学とは

 

基礎心理学とは、心理学の一般法則を研究するものです。
「社会心理学」、「発達心理学」、「異常心理学」などがあります。

 

応用心理学とは

 

応用心理学とは、基礎心理学によって得た法則や知識を実際の問題に役立てる学問です。
「教育心理学」、「臨床心理学」、「産業心理学」、「犯罪心理学」などがあります。

 

基礎心理学と応用心理学が大きく違う点は、
人間の集団に視点を置くのか、人間個人に視点を置くのかというところです。
ですが、それぞれが独立している訳ではありません。
関連し合っていて、境界は曖昧です。

 

そして、それぞれを活かすことができる場も異なりますが、
共通点があり、やはり境界は曖昧です。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!