臨床心理士

臨床心理士は、心理カウンセラー関連の資格として最も専門性が高い、
人気のある資格です。
財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う審査により、
「心の専門家」として認定されています。
財団法人日本臨床心理士資格認定協会は、文部科学省が認可していることもあり、
臨床心理の知名度も高く、心理職を目指すのであれば必須の資格とも言われています。

心理学的アプローチ

臨床心理士は、色々な心の問題について心理臨床を行います。
そして、問題を抱えている人の相談に乗りながら解決へ向けての援助を行います。

 

心理臨床とは、臨床心理学の知識や技術に基づいた実践のことをいい、
問題の背景にある学問や心の問題の研究、治療を目的とした応用心理学のことです。

 

臨床心理士は、心理職を行う上で必須の仕事だといわれています。
ですが、この資格があるからと言ってすぐに就職できる訳ではありませんし、
仕事が用意されているわけではありません。

 

しかし、臨床心理士の資格があれば、仕事の幅は広がります。
たとえば、スクールカウンセラーは、
文部科学省により臨床心理士の資格を持っていることを条件の一つとしています。
将来的にスクールカウンセラーを目指したいのであれば、
臨床心理士の資格は取得しておくべきです。
また、臨床心理士の資格を活かす場は、医療系の施設を思い浮かべます。
ですが、心理臨床を活かすことができる場は、医療系の施設だけではありません。
医療、教育、福祉、司法、産業の場、また、個人開業の場でも活躍できます。

心理臨床を活かすことができる場

医療
言病院、診療所、保健所、精神保健福祉センター、リハビリテーションセンターなど
教育分野
スクールカウンセラー、学生相談室、教育センター、各種教育相談機関など
福祉関連
児童相談所、療育施設、心身障害者福祉センター、女性相談センター、障害者作業所、各種福祉機関など
司法関連
家庭裁判所、警察関係、保護観察所、少年院、刑務所、少年鑑別所など
産業関連
企業相談室、企業内健康管理センター、ハローワーク、障害者職業センターなど
個人開業
個人的に開業している心理相談所やクリニックなど

臨床心理士の主な

臨床心理士の主な仕事は4つあります。

 

(1) 臨床心理査定(アセスメント)

 

クライアントと会い、どのような状況かを把握したり、
各種の心理検査をし、どのような援助をするのが最も適切であるかを検討します。

 

(2) カウンセリングの実施

 

心理査定の結果に応じ、どのような心理療法を採用するかを決定します。
心理療法には、「精神分析療法」、「クライアント中心療法」、「行動療法」などいくつかの療法があります。
それらの療法を組みあわせ、クライアントと一緒に目標を立てて実施していきます。

 

(3) 地域援助(コンサルテーション)

 

コンサルテーションとは、クライアントと関係が深い人に対し、
心理臨床の専門家が助言をすることをいいます。
クライアントの心理的な問題を解決するために、
地域や周辺の人たちに働きかけをすることが必要だと思われる場合に、
コンサルテーションをおこないます。
そして、クライアントの生活環境を周囲の人たちが変えていくための援助をします。

 

(4) 調査研究活動

 

心の援助をするための技術的手法や、知識の実証性を高めるため、
調査研究を行います。

大学院指定制による受験制度

臨床心理士の資格試験の受験の条件は様々です。
ですが、このシステムですと、教育が統一することができません。
そこで、特定の大学院を指定し、教育を統一しようということになりました。

 

資格審査規定の改正が1996年に行われ、
臨床心理士資格試験を受験する際には、
医師・諸外国において大学院を修了した人を除き、
協会の指定を受けた大学院修士課程(博士前期課程)の修了が必須となっています。

 

協会の指定を受けた指定大学院には、第1種と第2種があります。

 

大学院指定制は、大学院修士課程の臨床心理学専攻コースをモデルとする
指導教員・心理臨床訓練施設等の一定条件を満たす大学院修了者に、
臨床心理士の資格審査受験資格を与えるというものです。

 

臨床心理士は、心の専門家としての一定水準以上の基本的な知識と技能を有することが期待されていることや、
臨床心理士の教育や訓練システムの整備を図ることなどの目的が大学院指定制の背景となっています。

 

また、指定大学院とは別に、
専門職大学院の臨床心理学、或いはそれに準ずる心理臨床に関する分野を専攻する
専門職学位課程も設けられています。

 

第一号の専門職学位課程となったのは、
「九州大学大学院人間環境額府実践臨床心理学専攻」です。
今後、第一種指定大学院が増加していくことが望まれます。

 

専門職大学院修了者は、資格試験の一次試験(筆記試験)のうち、
詳論文試験が免除されます。

臨床心理士の受験資格

臨床心理士の受験資格は、以下の(1)から(5)の受験資格基準のいずれかに該当する人で、
かつ、これらに関する所定の必要証明資料を提出できる人となっています。

 

  1. 協会が認可する第一種指定大学院(修了後の心理臨床経験不要)を修了し、受験資格取得のための所定条件を充足している。
  2. 協会が認可する、第二種指定大学院を修了し、修了後1年以上の心理臨床経験を含む受験資格取得の貯めの所定条件を充足している。
  3. 臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了。
  4. 諸外国で上記のいずれかと同等以上の教育歴があり、及び2年以上の心理臨床経験を有する。
  5. 医師免許所得者で、所得後2年以上の心理臨床経験を有する。
心理臨床経験とは
心理臨床経験とは、教育相談機関、病院等の医療施設、心理相談機関等で

心理臨床に関する新理相談員やカウンセラーなどの従業者としての勤務経験。
有給を原則とするので、ボランティアや研修員などは認められていません。
また、大学や大学院修士課程(博士課程前期)在籍中の経験も、心理臨床経験には該当しません。

 

 

5年ごとに資格更新が必要

資格取得者の専門的資質を社会に保障するため、
臨床心理士には、5年ごとに資格更新することが義務付けられています。
このシステムでは、協会主催の研修会へ参加したり、
論文を公刊するなどしてポイントを取得し、15ポイントの評価を前提に、
資格更新が実施されます。

 

臨床心理士は、医師や看護師のような一生の資格ではなく、
研修を義務付けた上で資格更新が必要で、国際的にも注目されるシステムを持つ資格制度となっています。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!