精神保健福祉士

精神福祉士とは、ケースワーカーあるいは精神科ソーシャルワーカーと呼ばれていた職種です。
1997年の4月から、ケースワーカーあるいは精神科ソーシャルワーカーと呼ばれていた職種が
国家資格の「精神保健福祉士(PSW)」になりました。

 

「精神保健福祉士(PSW)」は、精神障害者の保健や福祉に関する専門的知識、
及び技術を駆使し、社会復帰に向けて援助する仕事を担います。
「精神保健福祉士(PSW)」の仕事は、社会福祉士と同じような領域ですが、
より精神面に力点を置いた援助を行います。

 

具体的には、精神障害者の相談に応じる訳でなく、
各種の給付制度、税の減免措置など活用できる選択肢の情報を提供します。
また、精神疾患の状態に配慮しながら、円滑に社会復帰が進むよう、
退院後の住居や再就労についての助言や指導、さらに、洗面や清掃、洗濯などの習慣づけ、
生活技能を見につける訓練なども行います。

精神保健福祉士(PSW)の業務

(1) ケースワーク業務

 

1対1で、カウンセリングを行う相談援助活動を「ケースワーク業務」といいます。
カウンセリングによって当事者が抱えている問題を明確化し、
当事者の問題解決能力を伸ばします。

 

(2) グループワーク業務

 

グループのダイナミクスを利用して、
一人ひとりの力を伸ばす活動のことを「グループワーク業務」といいます。
精神保健福祉士は、グループが自発的に課題を解決し、
メンバーがグループ内での役割を果たすことができた喜びを大切にするための業務です。

 

(3) コミュニティーワーク業務

 

精神障害者と一緒に暮らしていく地域が豊かな地域であり、
ノーマライゼーションの理念を元に地域自体を変えていくことを目的として
「コミュニティーワーク業務」を行うのも精神保健福祉士の仕事です。

 

精神保健福祉士は、ボランティア団体や社会福祉協議会、町内会など、
地域にある諸機関や行政団体、障害者団体と連携を図りながら活動を行います。

 

(4) 関連業務

 

対象者の問題の解決のために、他のスタッフと連携しながら活動をします。
援助者である精神保健福祉士にとって欠かすことが出来ない一連の業務を行います。

精神保健福祉士の職場

精神保健福祉士の職場は、「精神科病院」、「保健所」、「小規模作業所」、
「授産施設」、「生活訓練施設」、「地域生活支援センター」、「総合病院精神科」、
「精神科クリニック」、「デイケア施設」、「精神保健福祉センター」、
「グループホーム」、「福祉ホーム」、「福祉工場」などです。

精神保健福祉士の受験資格

精神保健福祉士は、国家資格です。
精神保健福祉士国家試験の受験資格は、卒業大学別、実務経験別に
11の方法があります。
まず、11の方法の中のどれに当てはまるかを調べます。
そして、受験資格を取得するまでに実務経験などが必要ですから、
長期的なプランを立てて、合格に向けて努力しましょう。

精神保健福祉士の試験

精神保健福祉士の試験は、年に1回で、1月の下旬に行われます。
試験は筆記試験のみで、受験科目には、「精神医学」、「精神保健学」、
「精神科リハビリテーション学」、「精神保健福祉論」、「社会保障」、
「精神保健福祉援助技術」、「人体の構造と機能及び疾病」、
「心理学理論と心理的支援」、「現代社会と福祉」、「社会理論と社会システム」、
「保健医療サービス」、「地域福祉の理論と方法」など15科目です。
しかし、社会福祉士の資格を持っている人は、一部の科目が免除になります。
受験を申し込む時に申請してください。

 

大学を卒業していない場合も受験は可能です。
修業2年以上の短大、専修学校、各種学校で指定科目を履修していて、
実務経験がある人、また、精神保健福祉士を卒業した人も受験することができます。

 

精神保健福祉士の申し込み期間は、受験する前年の9月上旬から10月上旬まで。
受講料金は9750円、合格発表は3月中旬となっています。

 

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!