ボランティアの心理カウンセラー

ボランティアカウンセラーとして働きたいときはどうするの?

ボランティアとして、無償で働く心理カウンセラーもたくさんいるよ。

 

たとえば「いのちの電話」や「自殺防止センター」というような相談機関などがあるよね。

 

そういったところで、ボランティアカウンセラーとして働くためには、
研修や訓練を受けることが必要なんだ。

 

心理カウンセラーは、心に寄り添う仕事で、
張り詰めた相談内容への対応をしなければならない。

 

だから、精神的にもハードだし、深夜の担当になると、
毎日の生活に支障をきたすことがあるかもしれない。

 

それでも、ボランティアカウンセラーとして働きたいのであれば、
カウンセラーのボランティアとして登録してみよう。

 

また、社会福祉協議会などでも、ボランティアカウンセラーを募集しているよ。

 

社会福祉協議会のボランティアカウンセラーは、
精神に障害を持っている人と一緒に話をしたり、軽いスポーツを楽しんだり、
一緒に食事を作るなどするんだ。

 

ディサービスを提供する高齢者の施設などで、
高齢者の話し相手をするボランティアなどの募集をしていることがあるよ。

 

さらに、被災地などでも、
災害ボランティアとしてカウンセラーを募集している事があるよ。

 

日本赤十字社などで、災害ボランティアの訓練を受けるなどして、
被災者や救援した人たちの心のサポートをするカウンセラーも多いんだ。

 

災害が多い昨今、こういった災害ボランティアカウンセラーの需要も
高まっているよ。

 

いのちの電話のボランティアはどのような活動をしているの?

いのちの電話の目的は、生きる事が難しいと感じていたり、
精神的な危機状況にある人などの話を傾聴し、
生きる喜びを見つけ出すことができるようすることだよ。

 

全国に、50箇所以上あり、電話相談は24時間、
昼夜問わず受け付けているところが多いんだ。

 

だから、このいのちの電話で働くボランティアカウンセラーは、
深夜の勤務になることもある。

 

さらに、電話だけでなく、インターネットでの相談、
ファクシミリの相談も受け付けていて、
聴覚、言語障害の方でも相談できるようになっているんだ。

 

また、専門医師による医療相談、
日本語以外の言語、たとえば英語、ポルトガル、
スペイン語などの対応もできるんだ。

 

このように、いのちの電話では、
いつでも、だれでも、相談できる対応が取られているよ。

 

そんないのちの電話で働くボランティアカウンセラーは、
「相談員」としての決められた訓練をきちんと受け、
その訓練を修了した人たちなんだ。

 

そして、宗教や信条を尊重しながら、匿名・守秘義務を旨として活動しているよ。

 

でも、相談活動をしても、それはボランティアなので報酬はないんだ。

 

 

いのちの電話のボランティアカウンセラーになるにはどうしたらいいの?

いのちの電話のボランティアカウンセラー、
つまり「相談員」になるためには、まず、募集要項を見て応募する事から始めよう。

 

応募資格は、23歳から65歳までの、
電話相談に耐えうる心身の健康を有する人となっているよ。

 

また、当然のことだけれど、
相談員として積極的に活動に参加する意欲のある人が求められる。

 

研修は、1年半で、研修費は1課程1万円で、課程は5課程。

 

さらに、合宿などもあるので、その宿泊費も、自分で払う事が必要だよ。

 

研修を修了すると認定を受けて、正式な相談員として活動を始めることができるんだ。

 

自殺防止センターってどんなところなの?

自殺防止センターは、絶望的になっている人の電話相談をするところだよ。

 

相手の話を聞き、辛い気持ちに寄り添い、
心の支えとなれるように、相談員は対応しているよ。

 

電話だけでなく、手紙や面談による相談にも応じることもあるんだ。

 

相談員として活動している人は、研修を受けた20歳以上の男女だよ。

 

研修を受けることはもちろん、心身ともに健康でなければ、相談員にはなれないんだ。

 

研修は、体験学習が中心で、10週間行い、
その後、面談や電話実習などの個人指導を受け、認定されると
相談員として活動できるようになるよ。

 

研修にかかる費用は3万円。

 

年会費は1000円だよ。

 

ボランティアなので、相談業務を行っても、
交通費や手当などは支給されないよ。

 

 

ボランティアでカウンセラーをすることのメリットにはどのようなことがあるの?

心理カウンセラーになりたい!と思う人の多くは、
「人の役に立ちたい。」と思ってなっていると思うんだ。

 

でも、結婚や育児で継続的に働くことができなかったり、
求人が多いわけではないので、せっかくの資格や学んだ事が
活かせなかったりすることがあるよね。

 

だけど、ボランティアであれば、時間がない人でも、
必要とされるときに、必要とされる場所で心理カウンセラーとして
活躍する事ができるよ。

 

今の時点では、心理カウンセラーとして就職したり、
独立開業ができないとしても、ボランティアとして経験を積むことで、
より豊かな技術を身につけることもできる。

 

もし、心理カウンセラーとして活躍したいと考えるのであれば、
ボランティアカウンセラーに注目してみても良いと思うよ。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!