産業カウンセラー

産業カウンセラーは、
働く人たちがいきいきと働くことができるよう、
心理学的手法を用いて働く人たちの心の援助をします。

 

社団法人日本産業カウンセラー協会は、
このような産業カウンセラーが中心となって組織されています。

 

企業では、「人材は人財」と言われます。
ですが、近年は不況の影響もあり、雇用は不安定ですし、
成果主義の導入などによって職場の環境は厳しくなっています。
そのような環境の中で働く人たちの心にはストレスがたまり、
ストレスによって体調を崩す人も少なくありません。
そのような人たちの心の援助をするために、産業カウンセラーが必要とされています。

 

産業カウンセラーは、1992年から2001年までは労働省(現在の厚生労働省)が認定していましたが、
2002年度からは、社団法人日本産業カウンセラー協会の認定資格になっています。

 

産業カウンセラーは心理療法やカウンセリングだけでなく、
快適な職場で仕事ができるような援助活動を行っています。

産業カウンセラーの仕事

(1) メンタルヘルス対策への援助

 

精神面で不調を訴える人に、個別のカウンセリングを行います。
職場の管理・監督者に対して、メンタルヘルスについての導入と組織作りを助言します。

 

(2) キャリア開発への援助

 

企業内だけでなく、企業外でも通用する職業能力を養うための援助をします。
終身雇用制が揺らいでいる昨今、個人が自発的に競争力のある人材を目指し、
キャリア開発に取り組むことが重要です。

 

(3) 職場における人間関係開発への援助

 

職場における人間関係開発への援助は、産業カウンセラーの大切な役割です。
管理職と職員との関係、経営政策への参加意識、
ソーシャルスキルなどを援助します。
労使委員会への参画にも積極的に取り組みます。

産業カウンセラーの活躍の場

カウンセラーとして働く。

 

管理職、技能職、看護師、事務職、労務・人事の担当者、教師などとして働く。

 

セミナーの講師として働く。

 

勤労青少年ホームに、厚生労働省から派遣される専門のカウンセラーとして働く。

 

●産業カウンセラーの試験内容

 

産業カウンセラーは、「産業カウンセラー」、「シニア産業カウンセラー」、「キャリア・コンサルタント」の三つがあります。
試験は、各級試験ごとに学科試験、実技試験によって行われます。

 

産業カウンセラー: 基礎的学識、技能、一般的な素養

 

シニア産業カウンセラー: 専門的学識、カウンセリング経験に裏づけられた技能、高次の素養

 

キャリア・コンサルタント: 基礎的知識、相談にあたっての必要なスキル、効果的な実施能力の有無

受験資格

産業カウンセラーの受験資格

 

大学で心理学、または心理隣接諸科学を専攻し、学士の学位を持っていて、
社団法人日本産業カウンセラー協会が定める科目を10科目・20単位以上取得している。

 

20歳以上で、協会の産業カウンセリングの養成講座などを修了している。

 

シニア産業カウンセラー

 

産業カウンセラーの資格を持っていて、
大学院で心理学、または心理学隣接諸科学を専攻し、
修士以上の学位を持っていて、社団法人日本産業カウンセラー協会が定める科目を
4科目・8単位以上取得している。

 

産業カウンセラー試験に合格してから3年以上が経過していて、
社団法人日本産業カウンセラー協会の向上訓練講座を修了している。

 

キャリアコンサルタント

 

産業カウンセラー・シニア産業カウンセラー試験に合格していて、
キャリアコンサルティングの特別講習を修了した。

 

20歳以上で、職業経験が3年以上あり、キャリアコンサルティング講座を修了した。

 

20歳以上で、カウンセリング業務、股は人事労務管理に従事した期間が通算4年以上ある。

通信講座で産業カウンセラーの受験資格を得る

産業カウンセラー試験の受験資格は、通信講座で取得する事も可能です。
通信講座で、産業カウンセラー試験の受験資格を得るためには、
講座期間中に面接実習81時間に出席できることが条件で、
一年間の講座を受けます。

 

通信講座の内容は、「理論科目」と「演習科目」があります。
理論科目では、産業カウンセリングと産業カウンセラー、カウンセリングの基礎理論、
キャリアカウンセリング、パーソナリティ理論、産業社会と職場、
職場のメンタルヘルスなどを学びます。
演習科目は、面接実習です。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!