カウンセラーの将来性

最近の若い世代の人たちは、カウンセリングに対してあまり抵抗感がありません。
ですから、その人たちが社会に出て困難に出会ったときに、
抵抗感なくカウンセリングを利用するでしょう。
つまり、カウンセラーのニーズはますます高くなっていると思われます。

 

また、近年、スクールカウンセラーを配置する小中学校が増えています。
大きな悩みがあるときだけでなく、
ちょっとした話を聞いてもらいたいときなどに、
子どもたちが気軽に相談室に来ることができる環境つくりはとても大切です。
子どもにとってカウンセラーが身近な存在になると、
教師へも、子どもたちの親へも相談室の利用が広がります。
社会全体に、スクールカウンセラーの重要性が認識されつつある現代、
今後もますます、スクールカウンセラーのニーズは増えていくはずです。

カウンセラーのニーズが高まった理由

カウンセラーが求められるようになった背景には、
社会構造の変化もあげられます。

 

以前は、親や兄弟に話をすることによって、
ちょっとした悩みはその都度解決することができました。
近年は核家族化が進み、兄弟も少なく、
両親が働きに出ているなど、家に帰っても一人の人が多かったりします。
そういったことによってストレスがたまり、
ストレスが積もってしまうと、問題行動を起こしたり、
体調にも変化が現れるようになります。

 

今は、親や兄弟に話をすることができない、
学校の先生も仕事が忙しく、一人ひとりの児童や生徒の悩みの相談に乗っている暇は無いという状況です。
そのような中、「ちょっと話を聞いてほしい」、「ちょっと話を聞いてもらえばすっきりする」
という状況であっても、この「ちょっと」がつもり積もって、大きなストレスになってしまうのです。
身近に、いつでも話を聴いてもらうことができるカウンセラーがいたら、
どんなに心が楽になる人が多いか・・・。

 

カウンセラーは、相談者の話を聞き、問題を整理して、
相談者が、これからどうすべきなのかを一緒に考えます。
ただ話しやすい人がカウンセラーになれば良いのか?
アドバイスや指導することが上手な人がカウンセラーになればよいのか?
というと、それは間違いで、専門的な聴く技術を見につけ、
傾聴し、一緒に考えることが必要です。

 

自分のプライバシーを一切語らず、
カウンセラーは受身で相談者であるクライアントの話を傾聴します。
そして、クライアント話を妨げず、
どんな相手に対しても一定の距離を持ち、
平常心で向き合い、自分の価値観や常識に偏らず、
ありのままの姿を受け入れることによって、
クライアントが安心して自分の心と向き合う場を持つことができます。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!