カウンセラーの仕事に就くためには

常にアンテナを張っておく

 

カウンセラーの仕事は、人気がある割には募集が少ないです。
ですが、定期的に募集されることは少ないのですが、
不意に募集されることがあります。
カウンセラーの仕事をしているのは、女性が多いので、
結婚や出産などで退職する人も多く、補充要員としての募集があります。
狭き門ですから、ライバルも多いので、常にアンテナを張り、
「必ず仕事に就くぞ!」という心構えが必要です。

 

迅速に対応する

 

実力と資格があっても、募集が少なく、なかなか仕事に就くことができません。
特に非常勤ではなく、常勤としてのカウンセラーの仕事は
極端に募集が少ない状況があります。
日頃から、インターネットや新聞、都道府県、市区町村の広報紙、
知人の口コミなどをチェックし、
求人情報を公開しているページやサイトにも目を通し、
募集があったら迅速に対応することが必要です。

 

公務員の心理職の場合は、まず、公務員試験に合格し、
その後心理の職場を希望し、配属されることになります。

 

コネも最大限に利用

 

心理職の仕事は、信頼する人からの紹介で就職が決まる場合が多く、
初めて会った人を何分かの面接で全て理解し採用するということはあまりありません。

 

心理関係の仕事という性質上、
そして、即戦力を期待するということが多いこともあり、
採用する側は、確実な人材を望んでいます。
信頼する人からの紹介、つまり、コネは有力です。

 

指導教官やスクールの講師など、
就職の紹介を依頼しておくなど、コネをつけておくことは大切です。

 

とくに、公務員の心理判定員の募集はコネで決まることが殆どです。

 

へこたれずにチャレンジする

 

心理職の仕事は募集が少なく、ライバルも多いので、
なかなか安定した仕事に就くことができなかったりします。
ですが、へこたれずにチャレンジすることが大切です。

 

積極的にめぼしい施設や機関に電話で問合せをすること、
履歴書を送ってみるなどの作戦を実践する事も大切です。
無反応の場合も多いのですが、その時点では募集をしていなくても、
後日検討し、連絡してくれる可能性もあります。

 

実際に、現在活躍している心理職の中には、
電話帳で関係機関を当たり、仕事を得たという人もいます。
あきらめずに前向きに、積極的に就職に向けてチャレンジしましょう。

 

心理の知識は幅広く活かせる

 

心理職を含んだ仕事は色々あります。
たとえば事務職であっても、自分の発見と応用力次第で、
学んだことを活かすことができます。
専門学校や、病院の事務職などでは、心理系で学んだ知識を活かすことができそうです。

 

勉強を続ける

 

学会や講習会へ積極的に出かけることで、何かのツテがうまれる可能性もあります。
普段は、心理やカウンセリングとは違った分野の仕事をしていたとしても、
時間を見つけてカウンセラーが活躍する現場にボランティアなどとして参加することで、
自分の心理職としての知識を増やすことができます。
保健所や福祉施設でお手伝いをさせてもらう事も良いですね。
現場で経験を積み、知識を深め、勉強を続けているうちに、
心理職として採用されるケースもあるでしょう。

 

じっくり人生経験を積む

 

心理の世界は、いくら勉強をしても、し尽くすことができません。
一通りの基礎を学んでも、それを実践する時間を得てこそ、
しっかりとした自分の知識になります。
心理の知識だけでなく、社会経験やさまざまな人とかかわることで、
得た知識が凝縮され、何年かにカウンセラーとして大活躍をしている人もいます。
今は焦らず、じっくりと人生経験を積むときなのかもしれません。
勉強しながら、チャンスを待つ事も必要です。

 

プロに相談する

 

インターネットなどでは、質の良い転職支援サービスがあります。
無料で利用できます。
心理カウンセラーの資格を取得しているのであれば、
プロフィールに書き込み、転職支援サービスなどに申し込んでみる事も一つの方法です。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!