研究(大学)分野の心理職

研究(大学)分野の心理職に関連する資格は、
「臨床心理士」、「大学の教員」、「研究員」です。

 

大学分野の心理職

 

大学分野の心理職の採用状況としては、
「大学の学生相談室のカウンセラー」などがあります。
そして、教員や心理の専門家、精神科医、社会福祉を勉強した人が採用されています。

 

近年の大学では、相談室を学生のみに限定していないところが多く、
地域にも開放し、カウンセリングを行うところも増えています。

 

学生相談室は、精神科の心理相談室のような感じで、
悩みを持つ学生のために設置されています。

 

大学の学生相談室での相談内容としては、
全国どこの大学でも修学、性格、対人関係などが多いようです。
特に、修学関係では、単純な単位取得問題だけでなく、
転部や転科、再受験の相談などもあります。
また、就職活動を目前にしている学生や、
活動真っ只中の学生のストレスは大きくなってしまいがちです。
学生生活を終えて、就職し、社会に出て行くということは、
今まで経験してこなかった新たなストレスを抱えてしまう事も多く、
大学の相談室でのカウンセラーは、社会人の先輩としての役割も求められます。

 

研究分野の心理職

 

臨床心理士を養成している大学院に付属している心理相談室などには、
地域の子どもから大人までが訪れ、いろいろな悩み相談をしています。
心理相談を受けたい時、病院へ行くよりも、大学へ行くほうがいきやすいという
相談者の気持ちにも応えています。

 

そして、その心理相談室では、
大学院生がトレーニングのために指導者つきでカウンセリングを行っています。

 

行政機関や研究所で研究員になる事もできます。

 

このように研究に携わっていきたいときには、
大学院で研究を続け、研究論文を作成し学会で発表するなどして実績を作る必要があります。
また、募集の機会は不定期ですし、募集人数も少ない現状があります。

 

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!