産業分野の心理職

産業分野の心理職に関する資格は、
「産業カウンセラー」、「臨床心理士」、「心理相談員」、
「応用心理士」、「交流分析士」、「キャリア・カウンセラー」などです。

 

産業分野の心理職で活動しているのは、
「産業医」、「産業看護師」、「産業カウンセラー」、「臨床心理士」、
「心理相談員」などで、企業や職場の保健室や医務室、
大企業では診療所などで、社員のカウンセリングを行い心と体の健康作りを担っています。

 

産業分野においても心理職が活躍している昨今ですが、
このシステムをスムーズに、そして効果的に機能させるため、
社外のカウンセリング会社に提携委託して
相談が受けられるようにする方式を採用する企業が増えています。
つまり、カウンセリング会社のプロのカウンセラーが、各企業に派遣されるというシステムです。
直接面談を行う場合もありますし、メールでのやり取りでカウンセリングをする場合もあります。
相談室に入るところを、同僚や部下に見られることを恐れる人もいるので、
メールなどによる相談も必要なのです。
カウンセリングを受けても、人事査定などに影響しないことを社員に伝えていき、
それを実践する事も求められます。

 

特に、IT関係で働く人は、常に最新の知識が求められます。
情報の速さについていくための勉強量は想像以上で、心の病に倒れる人も多くいます。
社内の一人でもダウンすると、業務に大きく影響します。
IT関係の業種に限ったことでもないのですが、
忙しく仕事量に溢れている企業ほど、一人がダウンすると大変です。
かかってしまうと治癒までに長くかかる心の病気の予防や早期発見は必須です。

 

ですから、産業分野の心理職はとても重要な任務を負います。
しかし、最近の相談内容は、自分のことだけでなく、
子どもの教育や両親の介護についてなど、
企業における産業カウンセラーであっても、より広い守備範囲が求められます。

 

産業カウンセラーの資格は、
企業の人事部や社内研修の担当者、教育関係、保健師などが取得しています。
そして、その資格を仕事に活かしたり、講師活動を行うなどしています。

 

産業カウンセラーの資格で就職したいという場合は、
フリーランスとして実力をつけ、売り込んでいくことが重要です。
また、心理相談員は認定資格というより、
職場でヘルスケアを担当する人の呼称と考えるほうがふさわしいかもしれません。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!