福祉・公衆衛生分野の心理職

福祉・公衆衛生分野の心理職に関連する資格は、
「臨床心理士」や「精神保健福祉士」、「認定心理士」、
「社会福祉士」、「精神対話士」などです。

 

福祉・公衆衛生分野の心理職が配属される施設には、
「児童相談所」、「児童養護施設」、「精神保健福祉センター」、
「老人福祉施設」、「リハビリテーションセンター」、「知的障害者援護施設」、
「女性相談センター」などがあります。

 

そして、福祉関係の仕事としては、「心理判定」、「カウンセリング」、
「訓練指導」の3つがあります。

 

訓練指導では、理学療法士や言語聴覚士、作業療法士、ソーシャルワーカーと連携し、
治療や教育、保育、生活指導を行います。

 

福祉・公衆衛生分野で募集される職種は、
「相談嘱託員」、「ソーシャルワーカー」、「不登校専任相談員」、
「非常勤職員」、「福祉職」、「心理職」、「児童自立支援専門員」、
「福祉行政員」、「心理判定員」などの名称となっています。

 

保健所/精神保健福祉センター

 

保健所/精神保健福祉センターでは、「心理職」、「医師」、「看護師」、そのほかの専門職の職員が連携し、
地域の住民の健康を管理しています。
保健所での地域住民からの電話によるカウンセリングも、
従来に比べると随分普及しています。

 

児童相談所

 

児童相談所は行政機関で、児童養護施設を管轄していて、
対象者が児童の場合は、学業も含め、「養育」、「治療」、「教育」を併せて行う必要があります。

 

老人福祉施設

 

老人福祉施設では、高齢者の話し相手になることがカウンセリングになります。

 

女性センター

 

女性センターには、色々な事情で生活の場を失った女性や、
DV(ドメスティック・バイオレンス)で心身に傷を負った女性たちが
緊急に避難するための施設です。

 

女性センターでは、電話や来所での相談にも応じ、
それぞれの女性の生きかたにかかわりながら、将来の生活について共に考え支援していきます。

高齢者の気持ちに寄り添う・尊重するとは?

最近は、老人ホームや病院などに、
年齢の近い中高年世代が出かけていき、高齢者の話を聴くという
「シニア・ピア・カウンセリング」が広がっています。
また、話し相手のボランティアを募集する自治体もあります。

 

高齢者の話し相手をする時には、
「高齢者の気持ちに寄り添う、尊重するということはどのようなことなのか?」
と考えることが大切で、
高齢者の気持ちを理解する第一段階として、身体機能の変化を体験してみることも大切です。

 

年をとると、感覚器官や運動機能の低下が進みます。
子ども世代や孫世代は、つい、高齢者に向かって「しっかりしてよ!」
などという言葉を口に出してしまったりするのですが、
このような言葉は、高齢者にとってとても傷つきます。

 

まず、自分の体を使った実体験をして、高齢者の体力や機能に共感する技術を学んでみてください。

 

高齢者の身体機能を体験する方法とは

 

<目> 色つきのゴーグルを着用する。

 

<耳> 耳栓をする。

 

<手首> 利き腕の手首に錘をつける。

 

<肘> 肘に空気の入ったサポーターをつける。

 

<手・指> ビニールの手袋を二重にして着用し、人差し指と中指をテープで留める。

 

<膝> 利き足の膝に空気の入ったサポーターをつける。

 

<足首> 利き足に錘をつけ、もう一方の足には、少し軽めの錘をつけてバランスのとりにくさを実感してみる。

 

 

このように、身体を使った実体験を行うと、意識に反する動作のもどかしさを実感することができます。
きっと、想像していた以上に不自由であることが実感できると思います。
年齢を重ねると、この不自由さに、さらに記憶力の低下も加わります。

 

認知症があるのであれば話は別ですが、
大きな支障もなく年齢を重ねてきた人は、何歳になってもこだわりがあり、
判断に自身を持っています。

 

認知症がある場合でも、認知症の症状は表れたり、正常に近い状態に戻ることを繰り返すので、
正常に近い状態では、自分のこだわりがあり、判断にも自身を持っています。

 

カウンセリングで、高齢者の話を傾聴する場合、
或いはボランティアで高齢者の話し相手を努める場合では、
そのような気持ちを尊重する姿勢が必要です。

 

適当に相槌を打つのではなく、関心を持って嘆きや悩みをきちんと聞くことは大切で、
相手の不安を少なくし、その人の判断や納得を促すことが大切です。
そして、その技術を見につけるための訓練も必要です。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!