教育分野の心理職

教育分野の心理職に関する資格には、
「臨床心理士」、「学校心理士」、「教育カウンセラー」、
「学校カウンセラー」、「認定カウンセラー」、「交流分析士」、
「家族相談士」、「キャリア・カウンセラー」などがあります。

 

スクールカウンセラー

 

「スクールカウンセラー」は、心理職として働く人だけでなく、
小・中・高の学校や保護者など、様々な方面から注目されています。

 

文部科学省のモデルでは、スクールカウンセラーは、
臨床心理士の資格を持つことが望ましいとされています。
ですが、地域によっては、臨床心理士のほかに、学校心理士の資格を持つカウンセラーがいたり、
「資格がなくても大学院で心理学を専攻し、臨床経験が2年以上あること」
というような、学歴や経験が求められているところもあります。

 

学校相談員

 

スクールカウンセラーよりも、児童生徒に近い存在となる「学校相談員」も心理職の一つです。

 

学校相談員とは、スクールカウンセラーとは別に、
学校内に設けられた相談室で児童や生徒の幅広い相談に乗る相談員のことです。
学校相談員は、各自治体から派遣され、
都道府県ごとに「さわやか相談員」、「学校相談員」、「心の教室相談員」、
「児童指導員」などという名称で呼ばれ、
公募もこのような名前で各自治体の広報に応募要項が掲載されます。

 

学校での相談内容として多いのは、
「学業相談」や「進路相談」、「適応相談」で、
特に適応相談では、軽度なものから重度なものまであり、内容はさまざまです。

 

相談内容によっては、学校との連携は勿論、
保護者や児童相談所、病院、家庭裁判所など外部とも連携しなければならないこともあります。

 

学校相談員は、子どものことをオールラウンドに理解していなければなりません。
そして、自ら働きかける行動力も必要です。

 

せっかくのシステムがあっても、
スクールカウンセラーや学校相談員が、
子どもや児童が相談に来るのをじっと待っているだけでは意味がありません。

 

教育分野で働く心理職は、
教師や生徒、保護者という独特な人間関係の中で、
子どもだけでなく学校全体をどのように援助していけるかを日々模索して活躍しています。

 

教育相談所

 

公立の教育相談所は、教育委員会に付設していて、
教員経験者や心理の専門家が活躍しています。
このように、教育委員会に付設する教育相談員は、
常勤に近い非常勤という待遇であることが通例です。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!