心理カウンセラーの給料

心理カウンセラーとして生計を立てることはできるの?

心理カウンセラーだけで、生計を立てていくのはなかなか難しいとされているよ。

 

公務員心理職であれば、常勤で働くことができるし、
男女の収入格差もなく、仕事として安定することができる。

 

でも、実際には、非常勤カウンセラーとして働いている人が殆どだし、
中にはボランティアのカウンセラーもいる。

 

また、いくつもの施設で、掛け持ちしているカウンセラーもいるよ。

 

公務員心理職って給料の面でどうなの?

心理関係の仕事をすることができる職場は色々あるけれど、
その中でも公務員や会社員として勤務する場合は収入が安定するよ。

 

収入面でも待遇面でも、やはり、「常勤」というのは強い!

 

特に公務員の場合は、男女の収入格差もないよ。

 

ただし、公務員心理職は募集自体が少なく、
応募人数が多い「狭き門」なんだ。

 

心理カウンセラーの給料ってどのくらいなの?

たとえば、公務員や会社員、医療機関などに
心理関係の仕事として就職した場合、
常勤であれば、比較的給料も安定するよ。
ただし、医療機関の常勤で、30歳で20万円ほど。
決して、高級ではないんだ。

 

心理カウンセラーはパート勤務が多いの?

常勤で心理関係の仕事に就いたとしても、
たとえば医療機関で30歳、20万円ほどという厳しい給料。

 

常勤であってもこのようなので、
非常勤だったりパートであれば、カウンセラーという仕事だけで
生計を立てていくのはかなり難しいものがあるよ。

 

多くのカウンセラーは、週に1日だけ、
あるいは半日だけというパート型で勤務し、
他に仕事をしていたり、職場を掛け持ちしていたりしているよ。

 

でも、上手にやらないと、移動のための交通費などでお金がかかってしまう。

 

また、カウンセラーになったとしても、
カウンセラーになることがゴールではなく、
そこからがスタートなので、色々な研修や講習会に参加して
勉強しなくてはならないんだ。
そのための、費用もかかってくるよ。

 

スクールカウンセラーになるにはどうしたらいいの?

スクールカウンセラーとして働く場合は、
臨床心理士の資格者がのぞましいとされているから、
臨床心理士の資格をまず取得しよう。

 

常勤で働くことができることは稀で、
地域によって差があるけれど、
一週間に1・2回の勤務ということが殆どで、
地域の学校を掛け持ちしているスクールカウンセラーも多いんだ。

 

スクールカウンセラーは儲かるの?

スクールカウンセラーは、公的機関と契約して行う場合、
一回3000円くらいの報酬になるよ。

 

でも、カウンセリングは一日に何回もできることではないから、
日給にすると5000円くらいが限度なんだ。

 

民間機関で契約して行うときは、
相談料金のパーセント契約というところもあるよ。

 

いずれにしても、担当した回数で報酬が計算され、
交通費や研修費は自分で払う事になるから、
やはり、「儲かる!」とはいえないよ。

 

しかし、臨床心理士の資格を取り、
スクールカウンセラーとして働く場合は、
少し報酬が高くなることが多いよ。

 

地域によって差があるけれど、
スクールカウンセラーの場合、時間給で3000円〜5000円というように、
公務員や民間よりも多めの報酬が期待できる。

 

スクールカウンセラーも狭き門ではあるけれど、
応募があったときにはぜひ挑戦してみると良いね。

カウンセラーとして独立開業

カウンセラーの勉強をしている人の中には、
将来、独立して開業したいという人も多いと思います。

 

フリーランスでいくつもの職場を掛け持ちする場合も「独立」ですが、
ここでいう「独立」とは、個人的に開業する事を指しています。
つまり、どこの職場にも属さず、カウンセラーとして施設相談所の看板を掲げることをいいます。

 

カウンセラーは、アメリカでは独立開業者は多く、床屋さんの数と同じくらい相談所があります。
アメリカの映画などを見ていると、相談者(クライアント)とカウンセラーが面談しているシーンがよく登場しますね。
アメリカで独立開業している人の殆どは、臨床心理関係の大学院出身者で、
資格がなければ開業することはできません。

 

日本では、個人やグループで、或いは医師と一緒に開業するカウンセラーもいますが、
アメリカのようには多くありません。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!