カウンセラーに必要な人間性

カウンセラーになるための人間性はどのように培うの?

カウンセラーに向いている人とは、
「包容力があること。」、「強靭な精神を持っている人。」
だと思う。

 

カウンセラーという仕事は、実はとてもハードなんだ。

 

クライアントの話には、聞くに堪えない辛い話もあるし、
一体何が言いたいのか分からないような人もいて、
つい、イライラしてしまったり、自分の意見を言いたくなってしまったり、
カウンセリングを行いながら、様々な葛藤と戦わなくてはいけないんだ。

 

また、カウンセラーになるために、たくさん学び、
たくさんの知識を得たとは思う。

 

でも、それだけでは、カウンセラーとして十分な実力を
はっきすることはできないんだ。

 

カウンセラーになったら、そこからがスタートだよ。

 

色々な書籍で学んだり、研修会に参加するなどして
さらに知識を得ていく必要があるし、
様々な情報を得ることも必要なんだ。

 

そして、最も大切なのは、人間性。

 

優しい人間性、温かい人間性、包容力がある、強い精神がある・・・
というように、豊かな人間性でなければ、カウンセラーは務まらない。

 

でも、人間性は一日で養われるものではなく、
今まで育ってきた環境や、体験してきたこと、
自分の経験や価値観、性格を振り返ること、
自分と向き合う時間を持つことなどによって
徐々に培われていくものでもあるよね。

 

自分を変革していく勇気や柔軟性をもって、
カウンセラーとして働くために必要な
人間性を身につけていこう。

カウンセラーに向いている人

カウンセラーにはどのような人が向いているの?

カウンセラーに向いているのは「相手の話に共感できる人」、
「温かい心を持っている人」、「純粋な人」、「知識欲のある人」、
「自分の価値を見出せる人」、「自己分析できる人」、「言行を統一できる人」、
「社会と連携できる人」だと思うよ。

 

・相手の話に共感できる人

 

カウンセラーは、人の話を傾聴するのが第一です。

 

ただ、一生懸命人の話を聴けるというだけでは務まらないよ。

 

話を一生懸命聴き、クライアントの気持を理解し、
クライアントの気持を理解したということを、
クライアントに伝える事が必要なんだ。

 

言葉で伝えるだけでなく、顔の表情や態度などでも、
クライアントに対して、「その気持ち、よく分かりますよ。」
ということを伝えていく事が必要で、
それによってクライアントは心を開き、
この人に話をしてみようかな?という気持ちになるんだね。

 

・温かい心を持っている人

 

カウンセラーは、温かい心をもっていなければならないよ。

 

クライアントに対して、常に温かい姿勢で接し、関心を示す事、
そして、無条件に受け入れ、尊重できなければカウンセラーは務まらないんだ。

 

カウンセリングを行っても、なかなか良い方向に向かわないときもある。

 

クライアントが前の方向を見ることができなかったり、
立ち止まってしまう事は少なくないんだ。

 

そのようなときこそ、カウンセラーは、温かい心でクライアントを支える事が必要なんだ。

 

そうすることで、クライアントはカウンセラーの温かい気持ちに気づき、
思い切って未知のことにも挑戦しようという勇気を持つことができたりするんだ。

 

・純粋な人

 

カウンセラーには純粋な心が必要だよ。

 

自分の心を開き、率直で隠さず真実の心を持っていなければ、
カウンセラーの仕事は務まらない。

 

たとえば、自分に都合の良いクライアントや、
自分のいうことを聴くクライアントだけによい顔をするのではなく、
クライアントのプラス面だけでなく、
マイナス面についても率直に伝える事ができる人がカウンセラーに向いているといえるんだ。

 

自分に対しても、他人に対しても純粋でなければいけないね。

 

・知識欲のある人

 

カウンセリングを行う際は、当然、専門知識がなければならない。

 

クライアントは悩みながら、書籍やインターネットで、
様々な情報を得て、知識を得ている人が多いんだ。

 

カウンセラーも、クライアント以上の情報を収集し、
知識を獲得しておく事が大事だよ。

 

十分な情報と知識を常に維持するためには、
生涯勉強し続けなければならず、知識欲のある人にしか
カウンセラーは務まらないんだ。

 

・自分の価値を見出せる人

 

カウンセラー自分が、自分がどのような人間だと思っているかは、
クライアントとの交流に反映されるよ。

 

だから、カウンセラー自身も、自分の価値を見出す事ができなければならないし、
周囲の人たちに尊重されていると自覚していなければならない。

 

そうでなければ、クライアントを尊重することができないよね。

 

・自己分析できる人

 

カウンセラー自身も、様々な人生経験を積んでいて、様々な体験をしているよね。

 

そして、色々な気持ちや感情を経験している。

 

そのカウンセラーがカウンセリングを行うのだから、
自分の中に組み込まれている考えや意識について、
しっかり把握し、整理しておく必要があるよ。

 

・言行を統一できる人

 

自分のあるがままの姿を認め、言行を一致できる人でなければ、
カウンセラーは務まらないよ。

 

自分の価値観や限界を知っているからこそ、
クライアントに対する姿勢に、共感や受容、率直な態度が生まれてくるんだ。

 

・社会と連携できる人

 

クライアントとカウンセラーは、カウンセリングを行う際は、
1対1が基本だよ。

 

でも、社会と閉鎖的になってはいけないんだ。

 

カウンセラーとして、カウンセリングを行ったら、
カウンセリングで見出された問題を、
社会や組織の中に還元できる、社会と連携できる人であることが必要だよ。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!