心理カウンセラーの仕事は、「非常勤職」であることが殆どです。
仕事がたくさんあるわけではないので、
他のカウンセラーと比較しても劣らない、プロとしての力を養うこと、
そして、カウンセリングの報酬に見合う自分のウリ(実力)をつけることが第一です。

 

その上で、自分で売り込みを展開します。
活躍しているカウンセラーの人たちは、関連した資格を取得したり、
専門性を追及する努力を続け、自信をアピールし、活躍の場を持つことができているのです。

 

<カウンセリングには資格が必要?>

 

心理カウンセラーになるには、資格は必要なのでしょうか?

 

認定資格を取得していなくても、カウンセラーになる方法張ります。
カウンセリングが出きることと、資格の有無は必ずしも関係ありません。

 

ですが、たとえば、スクールカウンセラーを目指すのであれば、
「臨床心理士」は必要な資格になります。

 

しかし、何の経験もないままに、唐突に心理カウンセラーとなり、
カウンセリングの仕事ができるとう訳ではありません。
基礎をしっかりと学び、意欲、計画性、実行力を伴った努力が必要です。

公務員採用試験を受ける

心理カウンセラーとして働くために、公務員採用試験を受けて「心理職」になる方法があります。

 

民間の企業や、国家公務員、地方公務員として公的な施設や期間で働く「心理職」という職種があります。

 

心理職としての仕事の場としては、「児童相談所」、「少年鑑別所」、「家庭裁判所」などで公務員として心理の仕事に就く、
或いは、企業に就職して人事労務関係を担当するなどがあります。
このためには、まず、公務員採用試験を受け、合格し、
心理関係の職場に配属されて研修を受け、カウンセリングの技術を学んでいくことになります。

 

応募の際、大学や大学院で心理学系の科目を履修していることが条件になる場合があります。
採用試験を受ける場合は、受験の資格を調べて準備してください。

遠回りすることもある

大学で、心理学を専攻していたが民間の企業に就職する場合もあります。
その場合は、就職した後も、カウンセリングへの興味を失わないように、
口座や学会の講習を受けるなど、努力を積み重ねているうちに関係者とのつながりができ、
カウンセラーの道が開ける場合もあります。

 

カウンセラーにならなかったとしても、
カウンセリングとの縁を切らず、熱意を持って精進していると、
その努力が認められ、カウンセラーとしての活躍の場が与えられる事もあるでしょう。

心理カウンセラーの資料を請求して、比較検討しませんか?

心理カウンセラーの資格取得に少しでも興味があるなら
ぜひ資格取得講座の資料を請求してみてください。

心理カウンセラーの講座には、さまざまなものがあり、
資格取得にかかる費用も36,700 〜557,280円 くらいと
かなり金額に幅があります。

この費用の差って何かな?
って思ったら、やっぱり内容がかなり違うみたいです。

心理カウンセラーのプロとして働きたい夢を持っているのに
費用面だけで講座を選んでしまって、
その講座が初心者向けの内容だったりしたら大変です!

また、修了後の就職サポートにかなり力を入れています!
っていうのが売りの講座もありますので、
そのあたりは、じっくり考える必要がありますよね。

値段が安いだけじゃなく、
自宅からの距離であったり、
お勤めしているなら、「仕事帰りに受けられる講座の方が便利だわ」とか、
「土日にじっくり勉強したいなぁ」とか
「通学は無理だから、自宅で通信講座を使って勉強したいなぁ」とか

あなたがなりたいカウンセラーになるために、
どれくらいの費用がかかって
どれくらいの期間、時間が必要なのか
じっくりと検討しませんか??

そのためには、まず資料集めが必要!
ネットの中にある情報を眺めているだけでは、なかなか実行に移せません。
資料を請求するだけなら無料ですので、まずは一歩踏み出しませんか?

心理カウンセラー 資料請求

資料請求したら、勧誘の電話とか
じゃんじゃんかかってくるんじゃないの??


ってご心配されている方も多いのでは??
でもご安心ください!!
私も資料請求したことがありますが、ほとんど電話はありませんでしたよ〜!!