稼げる心理カウンセラーになるために

ビジネスとしてカウンセリングを始めるのであれば、
まず、「顧客(クライアント)」を始めることが必要です。

 

そして、顧客が集まって、カウンセリングを行い、
報酬がいただけるようになったら、
プロのカウンセラーの仲間入りです。

 

プロのカウンセラーになったら、安心できるか?
というと、決してそうではありません。

 

カウンセラーという仕事は、ニーズも高く、注目されていますが、
収入的に安定しないという現実があります。

 

では、独立開業をあきらめて、
カウンセラーとしてのより深く幅広い知識を身につけ、
企業などに就職しようと思っても、
まだまだ現在の日本においては企業カウンセラーは少ないですし、
非常勤であることも多いのです。

 

また、ボランティアとしてスタートし、
経験を積んでプロのカウンセラーにステップアップしようとしても、
なかなかウマくいかないということもあります。

 

しかし、成功のチャンスはあります。

 

カウンセラーに、需要がないわけではないのです。

 

カウンセラーとして食べていくいことができないわけでもありません。

 

成功している人はいます。

 

そして、成功した人一人のカウンセリングだけで、
世の中の全ての人の悩みが解決できるわけではなく、
世の中の悩みを抱えている人の全てが、話を聞いてもらえ、
心が楽になるわけではないのです。

 

やり方の問題です!

 

カウンセラーをビジネスとして成功させるチャンスは、必ずあります。

 

さて、カウンセラーを仕事としていくことは、
実はとてもハードです。

 

「誰かの役に立ちたい!」と思って始めた仕事であっても、
クライアントの様々な悩みを受け止めて共感し、
クライアントの弱音や愚痴に対して、聞き手になって接する・・・
こうした事を繰り返すのは、普通の健康な人でも決して簡単な事ではありません。

 

きっと、想像していたい以上に、ハードだと思う人が多いでしょう。

 

カウンセラーは、相談者に対し、感情移入をし過ぎないように心がけますが、
それでも辛くなってしまうことも多いです。

 

自分自身の辛い過去や経験がもとになって、
同じような悩みを抱えた人を救いたいと思ってカウンセラーになる人も多いです。

 

クライアントの悩みが、自分自身の辛い過去の体験と似ていれば、
イヤでもその過去を思い出します。

 

それでも、クライアントの辛い悩みと正面から向き合い、
自分の感情はコントロールし、平常心を保ちながら接していく事が求められます。

 

ですから、カウンセラーは、体力的にも、
精神的にも強い人間でなければ務まりません。

稼げる心理カウンセラーになるため記事一覧

人の悩みはそれぞれで、悩みは人の数だけ、そして異なる悩みが存在します。近年は、自分の経験や得意のスキルを活かし、幅広い分野で心理カウンセラーとして活動する人が増えていますし、社会的なニーズも高まっている事から、心理カウンセラーの仕事も増えています。心理カウンセラーというと、一般的に、心に問題を抱えた人を支援するという活動をイメージしますが、心理カウンセラーは、幅広いカウンセリングを提供していて、対...


「悩みがあるなら、身近な人に聞いてもらえばそれで良いじゃん!」などと思う人は多いと思います。そして、実際に、身近な人に悩みを聞いてもらっている人も多いと思います。しかし、あなたは、誰にも話せないような心の奥深い部分の悩みを、身近な人に話すことはできますか?もちろん、身近な人、周りの人は、きっと心配して、あなたの悩みを聞いてくれると思います。ですが、その人たちは、その問題についてのプロだとは限りませ...


心理カウンセラーのスタートラインは、「誰かの役に立ちたい!」という気持ちだと思います。心理カウンセラーは、資格の有無に関わらずなることができます。●心理カウンセラーの種類心理カウンセラーには、大きく分けると、以下の3つの種類があります。・大学や大学院に通い、所定のカリキュラムに従って学び、心理専門家として活躍する心理カウンセラー。・看護師や学校の先生、企業の人事部や総務部などで別の仕事に就きながら...


心理カウンセラーとして活躍している人に、「なぜ心理カウンセラーになったのですか?」とたずねると、「自分の体験が心理カウンセラーを目指すきっかけになった。」と、答える人が多いです。たとえば、教育関係の仕事をしていた人が、不登校に悩む子どもやそのご両親に対するカウンセリングを行っていたり、夫の浮気で悩んでいた人が、その辛い体験の悩みを自分がどのように克服したかという経験を元に、同じ境遇の人を支えるため...


心理カウンセラーになるときには、どのような心理カウンセラーになりたいのかをい考え、適切なスクールや講座を見つけ、スキルを身につけることが大切です。そして、心理カウンセラーとしての基礎を身につけるために、勉強しなければなりません。現在の日本では、心理カウンセラーの国家資格は存在しないので、心理カウンセラーとして開業する、或いは勤める場合、資格の有無を問われる事はありません。しかし、心理カウンセラーと...


心理カウンセラーという仕事は、想像以上にハードです。クライアントの相談内容が、自分自身の辛い経験と重なったとしても、自分自身の感情をコントロールしながら、クライアントの辛い悩みを傾聴し、共感し、向き合っていくことが求められます。また、傍目からみれば、ただ愚痴を言っているだけの様に思え、ひたすら忍耐力を必要とする場合もあるでしょう。ですから、心理カウンセラーは、心身ともに、健康な人でなければ務まりま...


開業カウンセラーの中には、資格を取ってすぐに開業を目指す人もいますし、色々な資格を取って、カウンセリングの力を発揮できる企業などに就職し、その企業で経験を積み資格をとって開業する人、資格などなくても豊かな人生経験を活かして開業する人などがいます。そして、開業心理カウンセラーの多くは、「開業しても生計を立てるのが精一杯。」という人や、「食べていくだけでやっと。」という人が大勢います。しかし、心理カウ...


人の心理に興味があり、人が好きで、「人の役に立ちたい!」と思い、必至で勉強して資格を取り、心理カウンセラーになっても、満足できる収入が得られない・・・というようなことは、よくあることです。心理カウンセラーをビジネスにするためには、なんといっても集客することです。しかし、「心理カウンセラーは集客が難しい」と、経営コンサルタントも頭を抱えるほど、顧客が集まらないようです。ですが、待ってください。心理カ...


心理カウンセラーに相談したいと言う人は、増えています。これからの時代も、心理カウンセラーという仕事は、ますます必要になるでしょう。なぜなら、今の日本社会に生きている人の多くは、人間関係や人生について、様々な悩みを抱えており、それを相談する人がいないという人が多いからです。このように需要は増えているのに、なぜか、顧客が集まらない・・・そんなことに嘆いている心理カウンセラーは多いのです。それはなぜでし...


「あなたはどのようなカウンセリングを提供していますか?」「どのようなクライアントに、カウンセリングを提供できますか?」と、カウンセラーに聞くと、「どんなカウンセリングでもできます!」「色々な人にカウンセリングを提供できます。」「悩みがある人なら誰でも。」「不登校や家庭不和、コンプレックス、恋愛関係・・・何でもお任せください。」という答えが返って来ることがあります。何でもできるカウンセラーは、とても...


成功していない心理カウンセラーは、「アメリカのように、もっと気軽にカウンセリングを利用してくれるようになればいいのに。」とか、「カウンセリングが、もっと明るく、誰でも受けやすいイメージになってくれればいいのに。」などと、思いながら、そのような理想の状態になるのを、ただじっと待っていたりします。ですが、理想の状態になるのをただ待っていても、目の前の現実が変ることはありません。必要なのは、あなた自身が...


心理カウンセラーに、「あなたの「売り」は、何ですか?」と聞いても、端的に、かつ正確に答えられる人はきっと少ないでしょう。ですが、「売り」を明確にする事は、心理カウンセラービジネスを成功させる上でとても大切なことです。「私の「売り」は、○○認定の心理カウンセラーの資格を持っていることです。」というように答える人がいます。確かに資格があるのとないのでは、合ったほうが良いに決まっています。ですが、資格が...


心理カウンセラーとして独立し、開業してやっていくためには、するべきことを順番を守って実行することが必要です。(1) 戦略を考える。(2) 収益モデルを作る。(3) 集客を仕組み化し、集客する。(4) システムを効率化する。この順番はとても大切です。順番を無視してしまうと、成功への道のりは、とても遠回りなものになってしまうでしょう。「早く開業したい!」、「成功したい!」と思うあまり、何の準備もせずに...


集客にウマく行っていない心理カウンセラーは、「心理カウンセラー」であることを「売り」にしているようです。心理カウンセラーを売りにして、ウマくいく場合もありますが、実は、それは稀なことです。心理カウンセラーであることを売りにしてうまくいく場合は、他に心理カウンセラーがいない場合であり、心理カウンセラーとはどういうものなのか、何をしてくれるのかをよく知っている顧客が多いという場合です。そのような奇跡は...


顧客の悩みに特化すればいいのか、また、どのカウンセリングテーマを選ぶといいのか?という点で悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。これは、「顧客ニーズの多いテーマに特化する」ことで解決できます。カウンセラーが行うカウンセリングが、顧客ニーズにマッチしたものでなければ集客できませんし、同時に、収益性を考えると、多くの人が必要としているサービスに特化する事が重要です。顧客ニーズが多いものに特化すると...


ニーズの高いカウンセリングテーマが見つかったら、次に、そのカウンセリングテーマで、自分がオンリーワンになれるかどうかを調べる必要があります。オンリーワンにならなければ、結局激しい競争になり、顧客の取り合いになります。カウンセラーとして独立し、開業していくためには、その戦いで勝ち抜く事ではありません。たとえば、「カウンセラー 名古屋」などと、インターネットでキーワードを入力して検索してみると、カウン...


レッドオーシャン、ブルーオシャンという言葉を知っていますか?レッドオーシャン: 激しい戦いで血を流し、血みどろに染まった海。            つまり、競争の激しい市場のことです。ブルーオーシャン: 青く澄んだ海。          つまり、競合のいない新しい市場のことです。さて、カウンセラーとして目指すのであれば、レッドオーシャンでしょうか?ブルーオーシャンでしょうか?「ブルーオーシャン」を...


心理カウンセラーとして独立開業しても、生計をたてるのがやっと・・・という心理カウンセラーは少なくありません。また、心理カウンセラーとしての収入が安定しないため、アルバイトをしているという人も多いです。このような開業心理カウンセラーは、「収益戦略」が、間違っていることが多いです。たとえば、風邪を引いたり、ちょっとした怪我をしたときのように、「来たい時だけきてください。一回あたりの診察費は3000円く...


ビジネスでは、「リピーター」の確保がとても重要です。リピーターは、広告宣伝費などのコストがかかりません。ですが、リピーターがいつ来るか分からない状態では、せっかくの収益性も台無しになってしまいます。そこで、「会員化」することがポイントになってきます。カウンセリングのクライアントを増やそうと、新規顧客ばかりに注目しすぎてしまうと、収益性は高くなりません。もちろん新規の顧客を増やすことも必要ですが、リ...


「CRM(Customer Relationship Management/カスタマー・リレーションシップ・マネジメント/顧客関係管理)」の考え方は、顧客を会員化するにあたって、欠かすことができない概念です。このCRMは、文字通り、顧客との関係性をマネジメントする事によって、収益性を最大化するという考え方で、特に「LTV(Life Time Value=ライフ・タイム・バリュー/顧客生涯価値)」に...


顧客を会員化すること、リピートしてもらうことは、とても大切です。ですが、自然にリピートしてもらうのを待っているだけでは、ウマく行きません。次回も利用してもらうために、毎回のカウンセリングの後、次回の予約をしてもらっている人もいますが、毎回、カウンセリングの後に「次の予約はどうしますか?」と、次回の予約を取り付けるのは、結構大変で、このようなセールスが得意でない人は、精神的にも負担を感じます。ですが...


カウンセラー開業し、カウンセラービジネスを、収入も安定させ、売れ続けることができるようにするためには、リピートの仕組み、会員化の仕組み以外に、もう一つ大切なことがあります。それは「料金設定」です。カウンセリングの料金は、少しでも安く提供したい!と考えるカウンセラーが多いです。ですが、それでは経営が成り立ちません。カウンセラーになりたいと思っている人は、優しい人が多いので、「カウンセリング料金も安い...


カウンセラーとして独立開業し、「売れ続けるカウンセラー」として成長していくためには、少し高めに料金を設定すべきです。殆どのカウンセラーは、同業者の料金設定を細かく調べ、分析していると思います。そして、カウンセリングの平均料金が5000円だとすると、売れ続けるカウンセラーでいたいあなたは、6000円から10000円に料金設定をします。しかし、少し視点を変え、顧客視点・顧客行動に軸をおいてみましょう。...


どのようなことをカウンセリングテーマにしようか、とても悩む人もいると思います。カウンセリングテーマを決めるときには、需要があるかどうかを検討する事が大切ですが、もう一つ、重要なことがあります。それは、カウンセリングをビジネスとして行っていくためには、「中長期的にカウンセリングが必要な人をターゲットにする。」ことが大切です。短い期間で解決できる問題、1〜2年ほど解決に期間がかかる問題、このどちらかを...


カウンセラービジネスを成り立たせていくためには、「儲ける事」も考えなければなりませんが、儲かる事だけを意識しすぎ、儲かる仕事ばかりを追い求めるのもあまり良い事とは思えません。売れるカウンセラーになるために、儲かる仕事を追い求めるのは、悪いことではありませんが、あまりそこばかりに集中すると、仕事も楽しくありませんし、「自分はなぜカウンセラーになろうと思ったのか?」という、最初の希望も、消えていってし...


カウンセラーという仕事だけでは、生計を立てていくことができないので、他の仕事をしながらカウンセラーをする兼業カウンセラーは、たくさんいます。しかし、兼業カウンセラーから本業カウンセラーへステップアップできる人もいます。


カウンセラーとして成功するために、「成功しているカウンセラーの真似をする」という方法があります。ただし、その真似は、成功しているカウンセラーと同じカウンセリングテーマを真似するのではなく、真似すべきなのは、成功カウンセラーのシステムです。成功カウンセラーのカウンセリングテーマは、その成功をかぎつけ、後発のカウンセラーもたくさん参入していると思います。そのような中に、いわゆるレッドオーシャンにあなた...


カウンセラービジネスを成功させるために、インナーネットを使いこなしていきましょう。そして、インターネットを使う顧客の心理を理解しましょう。カウンセリングをビジネスとして行っていくためには、「戦略」や「収益モデル」を最適化し、下準備をしっかり行ってから集客することが必要です。下準備がしっかりできていなければ、せっかく新規顧客の集客がウマく行っても、売上げを伸ばすことができません。


開業独立し、成功しているカウンセラーの殆どは、インターネットを使って集客しています。しかも、毎月コンスタントに新規顧客を増やしています。それは、「対象となる顧客に、徹底してフォーカスして絞り込む」という戦術で集客しているからです。インターネットで集客しても上手く行かないカウンセラーは、ターゲットの絞込み、顧客のフォーカスが上手くできていません。アクセス数にこだわっている人も多いのですが、それよりも...


自分のカウンセリングを紹介するホームページを作るとき、その目的をはっきりと明確にする必要があります。その目的とは、「カウンセリングを申し込ませること。」なのか、或いは「見込み客リストを集めること。」なのか、「問い合わせをしてもらうこと。」なのか・・・ということです。ホームページ業者に、キレイなホームページを作ってもらう人もいますが、その際は、ターゲット絞込みが明確でなかったり、カウンセリングを紹介...


インターネットで集客する際、肝心なのは、ホームページです。そこで、インターネットで「ホームページ制作」と検索すると、いろいろな方法があるのが分かります。また、ほーページを制作してくれる会社もたくさん見つかります。この中から、どのようなホームページ会社を選べばよいのか・・・全く見当がつかないという人もいるのではないでしょうか。もし、そうなら、ホームページを作るべきではありません。ホームページを作ると...


ホームページを作ったら、顧客がドンドン集まり、売れるホームページに育てていくことが必要です。売れるホームページにするためには、以下の6つのポイントを押さえることが必要です。(1) 誰が何をするホームページなのかが分かりやすくする。(2) 売れていないカウンセラーのホームページを真似しない。(3) 医師や弁護士、士業のホームページを真似しない。(4) ホームページの目的を明確にする。(5) 目的を明...


以下に、売れないホームページの特徴を挙げてみます。あなたのホームページが売れていないのであれば、以下の項目に当てはまる部分があるかもしれません。当てはまる部分がある場合は、その部分を修正してみてください。(1) 誰が何をするホームページなのか分からない売れないホームページは、「誰が何をするホームページなのか、分からない。」という状態であることが多いです。ホームページは、開いて3秒以内に、どんなホー...


ホームページから見込み客を集める場合は、メルマガでリストを集めます。メルマガ登録では、メールアドレス、可能であればお名前を登録していただきます。そして、登録の方法はなるべく簡単なほうが良いでしょう。ホームページで、メルマガ登録を促すような、見込み客にとって魅力のあるオファーを出し、地道にメールアドレスを獲得していきましょう。


ホームページの目的は、「申し込んでもらう。」、「見込み客を集める。」、「問い合わせしてもらう。」です。この3つの目的のうち、最も重要なのは、「見込み客を集める。」ということです。しかし、殆どのカウンセラーは、「カウンセリングの申し込みをしてもらう。」ということを目的としてホームページを作っています。ですが、そのようなホームページは売れていません。殆どの顧客が申し込みをしてくれないからです。なぜなら...


見込み客リストを集めるためには、顧客にとって魅力的なオファーを提供することが必要です。では、魅力的なオファーとは、どのようなものなのでしょうか。それは、顧客にとって有益な情報であり、つまり、顧客が欲しい情報です。このような「顧客がほしいと思えるものを、無料で提供する」ことが、魅力的なオファーになります。たとえば、ダイエットをしたいと思っている人にとってみると、リバウンドなしで、短期間に上手くダイエ...


PC用だけでなく、携帯用サイトも活用しましょう。パソコンのサイトと携帯のサイトでは、どちらが顧客をたくさん集めることができるか?ということに関しては、取り扱う商品、カウンセラーであれば、取り扱うカウンセリングテーマによって異なります。たとえば、あなたが家族や知人に話すことができないことを、カウンセラーに相談するとします。そのとき、家族が共に使う自宅のパソコンで、その悩みの解決法を検索したり、メルマ...


カウンセラービジネスを成功させ、収入を安定させるためには、集客が最も大切です。しかし、カウンセラーは、顧客の悩みに耳を傾け、そこに集中することです。ですから、集客でいつも頭を抱えていると、カウンセラーとしての本来の仕事ができなくなります。そこで、行いたいのは、「集客の自動化」です。


ホームページは、どんなにキレイにできたとしても、作っただけでは売れません。「ホームページさえ、きちんとしたものを作れば売れる!」と、多くの人は思っていますが、見た目だけきれいなホームページを作っても、誰も見てくれません。ホームページをぱっと見て、そのホームページが、どんな情報を与えてくれるのか、そのホームページの管理人は、そのホームページで何がしたいのかが分からなければ、すぐに閉じられてしまいます...


ブログは、インターネット上で公開する日記のようなものです。ですが、単なる日記を書いたり、主観的な記事を書いても、アクセスは集まりませんし、集まったとしても、カウンセリングのお客様にはなってくれません。ブログを見ている人は、ブログを書いている人のことを知りませんし、その人が何を食べたとか、何をしたかなど、全く興味がないでしょう。もし、ブログを書いている人が、芸能人や有名人なら、「何を食べた。」とか「...


メールリストが集まったら、カウンセリングに申し込んでもらうための次のステップとしてメルマガ(メールマガジン)を発行します。メールマガジンとは、電子メールを使って、定期的に読者に情報を提供するもいのです。メルマガ配信スタンドを利用すると、一度にたくさんの読者に、メールを一斉配信することができるもので、無料のものと有料のものがあります。無料のメルマガ配信スタンドといえば「まぐまぐ!」があります。「まぐ...


「集客できない」、「収入が低い」、「収入が安定しない」と悩んでいるなら、ビジネス戦略が間違っていると思います。カウンセラー業は、決して稼げないビジネスではありません。なぜなら、人の悩みは人の数だけあり、誰にも相談できずに悩んでいる人は多く、カウンセラーを必要としている人がたくさんいるからです。さて、カウンセラー業に限ったことではありませんが、正しいと思ってやっていることが、必ずしも正しいとは限らな...


色々な業種のホームページを見てみると、「電話の問い合わせ先」が大きくかかれ、目立っています。それは、有名なコンサルタントの本にも、「ホームページの最も目立つところに、電話番号やフリーダイアルを記載しましょう。」などと書いてある空のようです。これは、物品販売やインターネット通販、コンサルティング業などをしている人の間では常識的なノウハウですが、カウンセラーには通用しないノウハウです。なぜなら、カウン...


カウンセリングルームを先に作ると、失敗することが多いです。なぜなら、カウンセリングルームを持つことにより、損益分岐点が上がってしまうからです。「カウンセリングルームを持っていないと、相談を断られたりするかもしれない」、「カウンセリングルームを持っていたほうが、有利になる気がする」と思う人が多いので、カウンセリングルームを先に作ろうとします。ですが、カウンセリングルームをもたなくても、売上げをあげる...


カウンセラービジネスは、地方でも成功させることができます。一般的に、ビジネスは都市部でなければ成功しないという考え方があります。確かに、都市部は、地方に比べ、商業や流通が発達していて、人口密度も高く、たくさんの人がいて、たくさんのお金も動いています。そして、都市部では、人口が多いので、カウンセリングを利用する人も多いかもしれません。ですが、現在は、様々な通信技術が発達していますから、都市部で開業し...


会社やお店の名前を考えるときと同じように、肩書きもしっかり考えてつけなければなりません。たとえば、名刺の交換をするとき、「カウンセラーの○○です。」というよりも、「不登校問題専門カウンセラーの○○です。」というほうが、相手の印象は全く違ったものになるはずです。単に「カウンセラーの○○です。」といっても、「ふぅ〜ン、カウンセラーなんだ・・。」というくらいで、ビジネスにつながることはありません。ですが...


顧客が初めてカウンセリングを申し込むとき、そのカウンセラーのことを何も知りませんから、とても勇気が要ります。知らない人に、誰にも言えない悩みを話しても大丈夫なのだろうか?本当に解決できるのだろうか?など、色々不安になります。そのような時、顧客が参考にするのは、「他の顧客の声」です。実際に、そのカウンセラーのカウンセリングを受けた人が、どのように、そのカウンセラーを評価しているのか、そして、カウンセ...


プロフィールは、自分視点ではなく、常に顧客視点で、どのように見られるかを意識して書くようにしましょう。


色々な集客ノウハウを、インターネットや書籍から学ぶことができます。カウンセラーの人たちは、とても勉強家の人が多く、そういった集客ノウハウを勉強したり、セミナーや勉強会に出席して学んだノウハウを実践している人がたくさんいます。ですが、それを実践してみたら、魔法のように集客できるようになった・・・ということは殆どありません。なぜなら、そのノウハウは、カウンセラービジネスにおいて通用しないからです。学ん...


カウンセラービジネスを成功させるための戦略、収益モデル、集客の仕組み化がスムーズに機能し始めると、ビジネスが順調に進んでいきます。しかし、あるとき、「売上げの壁」にぶつかる事になります。カウンセラーは、自分の時間を切り売りし、お金を稼ぐと言うビジネスです。たとえば、30分のカウンセリングであっても、まず、自分の30分という時間を、電話やスカイプ、対面式のカウンセリングを通し、顧客に提供します。しか...


カウンセラービジネスを行い、集客がスムーズになってくると、売上げが伸びますが、いつかは「売上げの壁」が訪れます。壁が見えた時点で、自分はここでいい・・・と思う人はそれで良いのですが、多くの人が「売上げの壁」を越えたいと思うはずです。では、売上げの壁を越えるには、どのようにしたら良いのでしょうか?


カウンセラーとして成功するためには、様々な戦略が必要です。しかし、その戦略を最大限に活かす為には、あなた自身が「毎日、心身ともに健康であること。」が必要です。カウンセラーであるあなた自身が、心身ともに健康でなければ、せっかくの戦略も、優れた収益モデルも、自動化した集客のしくみも、活かすことができません。健康への自己管理能力が、とても重要です。サラリーマン時代には、毎日決まった時間に起床し、決まった...


「自分はカウンセラーに向いていないのではないか?」と、カウンセラーの仕事をしながら思うことがあります。カウンセラーの仕事は、人と深く関わる仕事であり、人の辛い悩みや問題を受け止める仕事なので、とても大きな負担になることがあります。また、開業すれば、経営面での悩みも出てきます。経営やマーケティングを担当してくれる担当者がいる場合はよいですが、そうでなければ、自分自身で、カウンセラーと経営者、マーケテ...


カウンセラーとして成功できるだろうか?と、不安に思っている人も多くいます。ですが、成功できます。成功できるだろか?と不安な人は、「こうしてみたらどうだろう?」と思っても、「でも、こうだから私には出来ない。」などと、出来ない理由ばかりを考えているのではないでしょうか。出来ない理由を考えるのではなく、「どうしたら出来る様になるのか?」を考えれば、できないことはなくなり、できるようになります。実際、カウ...